2011年4月3日日曜日

歴史に学ぶ:過去の大震災

■関東大震災の前後の主な出来事
1914年 WW1、桜島噴火
1915年 アインシュタイン「一般相対性理論」
1918年 スペイン風邪流行、米騒動
1920年 経済恐慌、国際連盟成立
1921年 独ナチス党結成
1922年 ソビエト社会主義共和国連邦成立
1923年 関東大震災
1925年 関東大洪水
1927年 金融恐慌
1929年 ニューヨーク株式大暴落。世界大恐慌始まる
1930年 伊豆相模大地震、金解禁、農業恐慌
1933年 三陸大津波
1934年 室戸台風

■関東大震災の前の関東大地震の前後の主な出来事
1852年 近畿風水害、ロシア船下田来航
1853年 関東大地震、ペリー浦賀来航、ロシア大使長崎来航
1854年 下田地震、大津波、日米・日露・日英和親条約
1855年 江戸大地震
1856年 米総領事ハリス下田駐在
1858年 コレラ流行
1858年 安政の大獄、イギリスがインドを併合
1859年 神奈川、長崎、箱館3港を開き貿易開始、ダーウィン「種の起源」
1860年 桜田門外の変、横浜村開港
1861年 ロシア軍艦、対馬停泊事件
1860~1865年 米価高騰による農民一揆頻発
1867年 大政奉還、貿易額輸入超過となる
1868年 明治革命

■貞観大津波の前後の主な出来事
849年 唐の商人来航
858年 藤原義房、摂政。九州暴風雨、京都洪水
862年 唐の商人多数入国
864年 富士山噴火
869年 陸奥大地震大津波(貞観大津波)
871年 鳥海山(出羽富士、秋田富士)噴火
878年 京都飢饉、関東地方大地震
887年 畿内大地震、津波
894年 遣唐使廃止
907年 唐滅亡

こうして概観して見ると、歴史とはまさに確率そのものではないかと思う。
歴史は繰返す。

0 件のコメント: