2012年3月29日木曜日

無借金国家ニッポン100年計画

事実を直視すれば良い。

すなわち、
・事実上破綻している国の厚生年金を解散し、民営化する。
これで赤字国債で社会保障費を無理に捻出する必要はなくなる。
当然、増税も不要。
社会保険を個人で運用すれば、金融業界、金融市場にもプラス。

・道州制を導入し地方を自律させ、地方交付税を原則廃止するか半減する。

・公共事業の競争入札を即時やめ、談合を奨励する。
競争入札は、ほとんど赤字落札(ダンピング、不当廉売)状態である。
利益の出ない公共事業を受注しても経済波及効果など出る訳が無い。
公共事業の経済波及効果が無くなったのは、競争入札で企業に利益が出なくなったからである。
結果的に税収効果も無くなり、公共事業を公債で実施したなら借金だけが残ることになる。


※元記事
無借金国家ニッポン100年計画

0 件のコメント: